# # # # #

エコ革の太陽光設計技術

株式会社エコ革では
最先端の技術と正しい知識を持って
太陽光パネルの設置に取り組んでいます

無人航空機[UX5]

無人航空機[UX5]を空へ打上げ、マッピングする画像データを撮影します。このUX5は、1インチ(2.5cm)解像度で最大73ヘクタール飛行、高解像度の画像データを取得することができるため、広範囲かつ精度の高い3次元地形データを作成することができます。

無人航空機[UX5]から撮影された情報を解析し、現地のグランドデータを作成します。現地の情報を細部まで再現することができ、実際現地で確認できなかった所や再度現地に行かず打ち合わせの材料として利用できます。

3次元データ

作成した3次元データに計画を描くため等高線や、設計図など情報を重ねることにより計画範囲の起伏や特徴を把握しやすくなります。

計画に合わせて3次元データを造成し、計画を3次元データで表現、3次元データを変化させることにより、誰が見ても出来上がりがイメージしやすく、一番重要なユーザーへのプレゼン資料や住民説明会資料として役に立ち、工事関係者とも意思の疎通がはかりやすくなります。

擬似で造成をおこなった3次元データに、太陽光発電所を計画。設計精度が高く現地で造成おこなう前に、太陽光発電所のボリュームや、発電に必要な機器類などの配置場所など工事前にイメージ図を見ながら打ち合わせができ、手違いなど現場のミスを最小限に抑えることができます。

マッピングした地図上に公図など貼り合わせることも可能です。

3Dプリント

計画に合わせて作成した3次元データをよりイメージしやすくするため、3Dプリンター(Projet 860Pro)で造形をおこないます。具体的な起伏を手で触れることにより、よりイメージがしやすくなります。